日記

9月27日

大学に行った。 先生の書いた本を読んで授業を受けて、卒論の相談をしに先生の部屋に行って色々と話した。 先生の書いた本を読むと、昔の記憶が掘り起こされて腕を切らなくてはならないような気持にされられるという話をした。その話をしたら先生は切っちゃ…